【ヤリマン告発】ホテルの誘い方がヘタ過ぎる男性の特徴10個とは

 

 

こんにちは!たけまるです!

今回はホテルの誘い方が下手すぎて、「コイツとは絶対に行かない」と思った男性の特徴を教えます。

なかなか女性を持ち帰れない男性は、ぜひ参考にして下さいね!

女性はどんなときにホテルに行きたくなるの?

女性

まずは、女性がホテルに行きたいと思うタイミングを教えます!

単純に快楽を求めているとき

女性がホテルに行きたくなる一番のタイミングは、単純に快楽を求めているとき。

女性にだって性欲はあるもの、無性に行為がしたくなるときってあるんですよね。

実際私も無性に快楽を求めていたという理由だけで、行為に及んだことがあります。

そのときはちょうど彼氏と別れたばかりで、都合のいい関係の男性もいませんでした。

彼氏がいたときは週2ペースでしていたのに、急にする相手がいなくなり、性欲が溜まる日々。

別れて2ヶ月経った頃には、「誰でもいいからしたい…」なんて思っていました。笑

そんなある日ついに性欲が限界を迎え、飲み友達をホテルに誘ってしまったのです…。

しかも誘い方も超露骨。

「ねぇ、疲れたからホテル飲みしようよ」と、まるでモテない男性みたいな誘い方でした。笑

彼は驚いていたものの、向こうも酔っていたこともありそのままホテルに。

もちろん中に入ったらお酒なんて飲まず、即プレイです。笑

彼のことは全くタイプではなかったし、そんな関係になるとは思っていませんでした。

性欲とお酒が絡み合うと怖いなと、反省した出来事です…。

 

デートが盛り上がったとき

デートが盛り上がったときも、ホテルに行きたくなりますね。

楽しい時間を過ごすと「この人いいな」って思って、相手に少なからず好意を持ちます。

するともう少し一緒にいたいという気持ちが強くなって、ホテルに誘われてもOKしちゃうんですよね。

過去にアプリで知り合った男性と、何度目かのデートをしたときのこと。

意外な共通点が発覚して意気投合し、時間を忘れるくらい盛り上がりました。

食事のあとバーへ行き、気づけば1時過ぎ。

そんなタイミングで彼が、「もう少しゆっくりできるところに行かない?」と。

すっかり楽しくなっていたので、二つ返事でOKでしたね。笑

さらっと誘われて付いていったパターンですが、盛り上がっていればそれでもいいのです!

そもそも少なからず良いなと思っているから、何度も会っているわけですしね。

ある程度経験のある女性なら、盛り上がっている状況でホテルを断ることって、そうそう無いですよ!

 

寂しいと思ったとき

寂しいと思っているときは、簡単にホテルをOKしてしまいますね…。

これって女性あるあるなのですが、寂しいときほど誰かに抱かれたくなります。

気休めだって分かっているはずなのに、一瞬だけ心の隙間が埋まる気がするんです…。

過去大好きだった彼氏にいきなり振られ、珍しく相当落ち込んでいる時期がありました。

悲しすぎてろくにご飯も食べられず、毎日やけ酒をしながら号泣。

そんな荒れ果てた生活を送っていたときのことです。

ナンパされた男性とそのまま飲みに行き、誘われるがままホテルに行ってしまいました…。

今思えばなんで付いていったのか謎なくらい、全く興味をそそられない男性だったにも関わらず、です。

あのときは本当に寂しすぎて、誰でも良かったんでしょうね…。

寂しくて少し病んでいるときって、ホテルへのハードルが異常なまでに下がってしまいます。

冷静になったときに後悔するので、気をつけたいものです…。苦笑

 

ホテルの誘い方がヘタだと思った男性の特徴

sex 下手

それでは、ホテルの誘い方がヘタ過ぎる男性の特徴を紹介しましょう!

初デートでいきなり誘ってくる

初デートでいきなりホテルに誘ってくるのは、下手としか言いようがないですね!

普通に考えれば分かると思いますが、対して仲良くもない男性に抱かれたい女性なんていません。

ハッキリ言ってしまえば、「お前誰だよ」状態です。

過去にアプリで知り合った男性と、初めて会ったときのこと。

メッセージのやり取りでは好印象だったものの、実際会ってみたらイマイチ盛り上がりませんでした。

この人とは合わないなと思ったので、1軒目で帰ろうとしたら。

何を思ったか「もっと話したいし、ちょっと休んでいこうよ」と、誘ってきたのです! 

いやいや、初デートだし盛り上がってないし…って感じでしたね。

そもそも1軒目で切り上げる時点で、その気がないことを察してほしいものです。

初デートでホテルに誘うのは、相当ハードルが高いのでおすすめしません!

成功するのは相当なイケメンか、盛り上げ力・気遣い力に長けた人くらいです。

好きな子をホテルに誘うなら、何回かデートを重ねて距離を縮めてからにしましょう!

 

予定的なタイミングが悪い

予定のタイミングが悪い男性も、ホテルに誘うのが下手だなーって思いますね。

次の日の朝に予定が入っていると、本心では行きたくても断ってしまいます…。

過去何度か遊んでいた男性で、少し気になっている人がいました。

軽々しく手を出すようなことは決してせず、毎回楽しいデートを提供してくれる。

「付き合うのも有りかな…」なんて、ぼんやりと思っていたものです。

そんな彼にようやくホテルに誘われたと思ったら、次の日は朝からスケジュールびっしり

さすがに無理なので素直に明日が早いことを伝え、泣く泣く帰宅しました…。

しかし彼は自信をなくしたのか、その後疎遠になるという悲しい結末。

タイミング悪すぎでしょ、と思ってしまいましたね…。

こんなことにならないためにも、デートを取り付けるときは、軽くホテルを匂わせておきましょう!

「次の日って早い?」と聞いておけば、女性側もホテルに誘われることを察して、予定を合わせられます。

当日に都合が悪くて断られるなんてことは、なくなりますよ!

 

段取りが悪い

段取りが悪い男性も、ホテルに誘うのが下手ですね…。

ホテルの場所を知らないなんて場合には、ひたすら歩くことになるので最悪です。

正直こういうのって、男としてダサいな…と思っちゃいます。

過去何回かデートしていた男性に、ホテルに誘われたときのこと。

イケメンだったし一緒にいて楽しかったので、喜んでOKしました。

しかし彼に付いていっても、肝心のホテルが見つからない。

しまいには「ちょっと待ってね!」と、スマホで検索する始末。

あまりにもダサすぎてテンションが下がり、やっぱり帰ることにしました…。

女性を誘うのであれば、事前にホテルの場所くらい調べておきましょう!

その場で調べるなんてされた日には、せっかくの気持ちも萎えてしまいます。

ベストなのはデートをするエリアで、ホテルを何個かピックアップしておくこと。

候補が複数あれば、もし満室だった場合もすぐに次の場所へ誘導できます!

女性はホテルの清潔感も重視しているので、内装も忘れずチェックしておいてくださいね。

 

デート中の態度がそっけない

デート中の態度がそっけない男性も、ホテルに誘うのが下手といえます。

普通に「脈なしかな?」って思いますし、こちらとしても盛り上がりません。

デートではそっけなかったのにいきなり誘われても、テンションが追いつかないんですよね…。

過去デートした男性で、かなり態度がそっけない男性がいました。

彼はとにかく無口で、すぐに会話が途切れてしまいます。

気をつかってこちらから話題を振るものの、返答が一言二言で終わり場がもちません。

私のことが気に入らないんだろうなと思い、早々と切り上げることに。

すると「もう少し一緒にいたいから、ホテル行こうよ」と行ってきたのです!

今までそっけない態度取っといて、どの面下げて誘ってるの?って思いましたね。

もちろん応じるはずもなく、真顔で「無理ですね」と返しました。

女性をホテルに誘いたいのであれば、そっけない態度は絶対NGです!

脈があることをちゃんと分からせるためにも、自分から率先して会話を振りましょう。

女性を褒める・会話に共感するなどしていれば、そっけないなんて思われませんよ!

 

デート中の雰囲気作りがヘタ

デート中の雰囲気作りが下手な男性も、ダメダメですね…。

女性はムードを大切にしているので、雰囲気作りが下手だと断ってしまいます!

過去デートをした男性で、雰囲気作りがとにかく下手な人がいました。

面白い人だったのですが、お笑いに全振りしていたんですよね…。

デート中も隙あらばギャグを挟んでくる。

たくさん笑えるし楽しいんですが、異性というより友達みたいなノリでした。

そんな彼が私の肩をぽんっと叩き、「もう時間も遅いしホテルでも行っちゃう?!」と一言。

ムードの欠片もなくて、冗談なのか本気なのか分からなかったですね。笑

「はいはい、酔ってるのね!またね~」と言って、帰ってしまいました。

ホテルに誘うのを成功させるには、デート中の雰囲気作りが大事です!

以下のようなことをして、いい感じの雰囲気を作っておきましょう。

  • 肩や手に軽くボディタッチ
  • 恋愛トークをしておく
  • 好意があると分かる発言をしておく
  • お店を出たら手を繋ぐ

要するに異性として意識させましょう!ってことです。

最初は盛り上げから入って、徐々に男女を意識させる会話に持っていくのがベストですね。

 

ベタベタ体を触ってくる

ベタベタ体を触ってくる男性は、ホテルに誘うのが下手すぎますね!

軽いボディタッチなら構いませんし、むしろ効果的です。

しかし触り方が露骨だと、下心むき出しで気持ち悪いだけです!

過去ボディタッチが激しい男性と、出会ったことがあります。

彼はお酒が飲めないのに、私に付き合って居酒屋やバーに行ってくれる人でした。

「優しい人だな」と好印象だったのですが、ある日のデートで幻滅。

カウンターの席でおもむろに、私の太ももを触ってきたのです!

全体をゆっくり撫で回して、その手は内ももにまで…。

痴漢みたいな手付きが気持ち悪くて、振り払ってしまいました。

彼いわく関係を進めたくて勇気を出したとのこと。

しかし触り方が無理すぎて、その日を最後に二度と会いませんでした。

ムード作りでのボディタッチと、ただベタベタ触るのは全くもって別物です!

触れるなら手や肩など、女性が不快にならない場所にしましょう。

またねっとりした触り方ではなく、軽く触れる程度を心がけるのも大事です!

 

お酒を無理やり飲まそうとしてくる

お酒を無理やり飲ませてくる男性は、ホテルに誘うのが下手を通り越して最悪です。

無理やり飲まそうとしてくるのって、必死感が強すぎて引くんですよね。

過去にアプリで出会った男性で、最悪な人がいました。

彼は30代前半の経営者。イケイケな感じの人です。

お高いお店で食事をして、2軒目はこれまた雰囲気の良いバー。

しかしバーに来てから、とにかく強いお酒を勧められる。

断っても勝手に注文して、「ちょっとだけ飲んでみなよ」と。

さらに3軒目で彼の知り合いのバーに連れて行かれ、テキーラとシャンパン。

さすがに潰れてしまい、バーのトイレでひたすら吐きました…。

そんな状態を見ているのに、最終的にホテルに連れて行こうとするのです!

泥酔していたのもあり、ブチ切れで怒鳴って帰りました!

女性にお酒を無理やり飲ませて、良い印象を持たれることはありません!

お酒の力で雰囲気を良くしたくても、絶対に無理強いはしないでください。

女性を潰してまでホテルに行こうとする男性は、人というよりもはや猿です!

 

オドオドしながら誘ってくる

オドオドしながら誘ってくる男性も、ホテルに行く相手としては無しですね…。

自信なさげに誘われると付いていきにくいですし、単純にプレイも下手そうと思ってしまいます。笑

過去にオドオド系の男性とデートをしたときのこと。

彼は少し中性的な感じで、声も小さめでした。

しかし顔はイケメンだったため、「無しではないな」といった感じ。

そんな彼にホテルに誘われましたが、まあ自信が全く無い。

「あ、あのさ…よかったらもう少し…一緒にいない…?」

「いや、無理ならいいんだけど!ごめんね、変なこと言って…ど、どうかな…?」

そんなに自信ないなら誘うなよ!って思いましたね。

別にしてもいいかなと思っていましたが、この誘いで無し判定です。

オドオドしながら誘われると、女性は冷静になってしまいます。

勢いで付いてきてもらえるよう、ホテルに誘うときは自分に自信を持ち、堂々としましょう!

女性は「流れで行っちゃった…」という言い訳がしたいので、男性がリードしてあげなくてはいけません!

 

断ってもしつこく食い下がる

断ってもしつこく食い下がってくる男性も、ホテルに誘うのが下手ですね。

断る時点でもう行く気はないですし、しつこくされると「こいつモテないな…」と、思ってしまいます。

過去デートをした男性で、驚くくらいしつこい人がいました。

彼は外見・年収ともに好条件。会話も面白く、第一印象では好印象でした。

しかし酒癖があまり良くないのか、酔った勢いで「今日ホテル行こうよ」と。

もちろん断りましたが、そこからがしつこい。

「お願い!付き合うの前提で1回やってみよ!俺いいのするから!」

「俺年収1500万だよ!条件よくない?!」

「分かった!明日なんか買ってあげる!バッグとかどう?!」

はい、しつこすぎてドン引きです。

そんな誘い方で成功すると思っているのか?と、言ってやりたいくらいでした。

女性にハッキリと断られたら、その日は素直に引き下がりましょう!

女性は一度断ったものの、そこから相手のことを意識する場合があります。

デートを重ねればOKになることもザラにあるので、一度引くのも戦略ですよ!

 

清潔感がない

清潔感がない男性は、ホテルに誘うのが下手うんぬんの問題ではありませんね。

汚そうな男性に抱かれたい女性はいません。

ホテルに誘う資格がないと言っても良いくらいです!

過去出会った男性で本当に清潔感がない人がいて、ドン引きしました。

写真ではさわやかイケメン風だったのに、いざ会うとビックリ。

シワだらけの服に汚れている靴、おまけに寝癖とフケ、きつめの口臭。

「よくそんな状態で外出られたな…」と、思ってしまいましたね。

会った瞬間から帰りたかったですが、我慢して食事は付き合いました。

すると何を勘違いしたのか、ホテルに誘ってきたのです!

もちろん間髪入れずに断りました。

彼はもっと自分を冷静に見たほうがいいですね。

あの汚さでなぜいけると思ったのか、未だに謎です。

女性を抱こうと思うのであれば、清潔感は絶対に外せません!

髪・肌・服や持ち物・臭いには、十分すぎるくらい気をつけましょう。

別に高いブランド物を身につける必要はありません。

持ち物がボロボロじゃないか確認し、さわやかさを意識したファッションをすればいいだけです!

 

ホテルの誘い方が上手いと思った男性

男性

ここからは、ホテルの誘い方が上手いと思った男性の特徴をご紹介します。

今まで出会った中でも、特にスマートだと思った男性をピックアップしているので、絶対読んで下さいね!

関係の作り方がうまい

関係の作り方が上手い男性は、ホテルに誘うのも上手いですね!

ホテルに行ってもおかしくない関係を作ってくるので、こちらも断れません。

過去に関係作りがとても上手な男性がいました。

彼とはホテルに行くまでに数回デートを重ねましたが、好意は伝わってくるのに下心を出さないんですよね。

夜デートだけではなくランチのお誘いもあったり、はたまた普通に映画デートもあったり。

また誘い方も、「○日空いてる?おしゃれなランチ見つけたんだ」と気軽。

「あれ?まるで付き合っているみたいかも?」なんて、思っていました。

それまでの積み重ねがあったので、「そろそろ関係を進めたい」とホテルに誘われたときも納得。

たしかにそうなってもおかしくない関係だよね、と思いました。

ホテルに誘うまでの間にちゃんとデートを重ねていると、いざ誘われても断りません!

そもそも無理な相手だったら、何度も会いませんしね。

ホテルに誘う前に、まずは気軽に会える関係を作るようにしましょう!

 

デート中の雰囲気作りがうまい

デート中の雰囲気作りが上手い男性も、誘い上手ですね!

絶妙に心地いい距離感を作ってくれるので、すんなりと付いていってしまいます。

雰囲気作りが上手な男性とデートをしたときのこと。

彼おすすめのイタリアンに行ったのですが、とにかく紳士的

扉は開けてくれるし、ワインもちゃんと注いでくれます。

話もちゃんと聞いてくれて、心地いい時間を作ってくれました。

2軒目でバーへ行くときも、「少し酔ったでしょ?手繋ごうか」と。

これまた嫌味がない感じで、紳士~って思っちゃいました。

しっかり良いムードを作った上で、「もう少し一緒にいたいな」と誘われたので、断る理由はありませんでした。

気分よくホテルに行けて、最高の一夜でしたね!

雰囲気作りが上手い男性は、女性への気遣いと不快感を与えないボディタッチが上手なもの。

馴れ馴れしくはないけれど距離感が近い、この絶妙な感じがモテポイントです!

 

ホテルに誘導する会話がうまい

ホテルに誘うのが上手な男性って、誘うときの会話が違うんですよね。

必死感やいやらしさは全くなく、むしろドラマのワンシーンのような真剣ささえ感じます。

例えば以下のようなセリフは、女性的にぐっときますね。

  • そろそろ関係を進めたい
  • 好きすぎて気持ちが抑えられない
  • 好きだからもっと一緒にいたい

真剣さが伝わると、行ってもいいかなって気持ちになります。

逆に遊びの関係で誘うなら、以下のような感じでさらっと来てほしいですね。

  • 少しゆっくりできる場所に行かない?
  • 今日は帰したくない
  • もう少し一緒にいようよ

実際こんな感じで誘われたときは、全く嫌な気はしませんでした。

私の場合は遊びのケースでしたが、まっすぐ目を見られて「帰したくない」と。

イケメンだったのもあって、キュンとしましたね。笑

たとえ遊びの関係であっても、じっと見つめて言われるとドキドキするもの。

その場の真剣さが、女性の心を動かすのです!

やはり発言一つ取っても、ムードが大事ってことなんですよね。

 

ホテルの誘い方が上手くなれば楽しい夜を過ごせる!

女性をホテルに誘うときの戦略を、深く考えていない男性も多いかもしれません。

しかし誘い方次第で女性の返事は変わるので、上手い誘い方をマスターしましょう!

ホテルの誘い方が上手くなれば、プレイでの女性の盛り上がり方も変わるもの。

お互いに熱くなれて、最高に楽しい夜を過ごせます!

ぜひこの記事を参考にして、女性をスムーズに誘えるようになってくださいね。

女性の誘い方をマスターすれば、百戦錬磨も夢ではありませんよ!

またホテルでより楽しい夜を過ごしたい男性は、気持ちいい体位を予習しておきましょう。

気持ちいい体位は以下の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

 

おすすめの記事