【ヤリマン啓発】Gスポットを開発するコツと最適な体位とは!?

 

こんにちは!たけまるです!

今回はGスポット開発のコツと開発に最適な体位について徹底的に解説していきます!

パートナーのGスポットを開発したい男性はぜひ参考にして下さいね!

Gスポットでイク快感とは?

女性

女性はGスポットを攻められると、たまらなく気持ちよくなってしまうもの。

女性を気持ちよくさせるには、Gスポットを上手く刺激するのが必要不可欠と言っても、過言ではありません!

Gスポットの場所は、膣の入り口から3~5センチ入ったところの前壁側で、幅はコインサイズ程度です。

少しざらっとしているので、触ったらすぐに分かりますよ。

Gスポットは性的な刺激を受けるとぷっくりするので、見つけにくい場合はもっと愛撫をしてみてくださいね。

女性がGスポットでイクときの快感は、体全体に気持ちいい波が広がるような感じ。

ゾクゾクしてしまい、体に力が入らなくなってしまいます。

それは言葉では言い表しきれない快感で、Gスポットでイクと少しぐったりしてしまうほど。

いわゆる中イキ状態になります。

そんなGスポットですが、開発されていない女性は快感を十分に得られません。

Gスポットで女性をイカせるには、まず開発してあげる必要があります!

 

Gスポットを開発するコツ

女性

まずはGスポットを開発するコツに付いて教えますね!

指で開発するコツ

初めに指で開発するコツにつてい見ていきましょう!

最初にクリでイカせておく

Gスポットを開発するときは、最初にクリでイカせておくのが大事です!

一度イクと体が敏感になるので、Gスポットの開発がしやすくなるんですよね。

ただGスポットだけを攻めて開発するよりも、よっぽど効率的ですよ。

女性をクリでイカせるコツは、焦らしながらのタッチ。

まずは割れ目からクリ周辺をそっと撫で回し、もどかしい快感を与えましょう。

焦らすことで下半身に意識が集中し、クリ攻めへの期待が高まりますよ…!

クリが少しぷっくりしてきたら、上部を触り、そっと引っ張ってください。

するとクリの皮が剥けるので、あとは液をつけながら円を描くようにそっと触るだけです。

快感が高まるのに合わせて指の動きを早めてあげると、簡単にイキますよ。

クリはオ○ニーで触り慣れている女性も多いので、イカせるのはそこまで難しくありません。

コツさえ掴めば簡単にイカせられるので、ぜひ実践してみてください!

 

指を挿入してザラザラした場所を見つける

クリでイカせることに成功したら、次は指を挿入してGスポットを見つけます。

Gスポットはザラザラとしているので、分かりやすいもの。焦らず位置を捉えましょう。

Gスポットを見つける際は、女性に仰向けで寝てもらうと見つけやすくなります。

指を挿入する際は、手のひらを上にしてくださいね。中指を使うとGスポットを探しやすいですよ。

指の第二関節が入るくらいのところまで挿入したら、膣の前壁側をやさしく触りましょう。

ザラザラとした感触があれば、そこがGスポットです!

もしGスポットがなかなか見つからない場合は、周辺を少しずつ触ってみてください。

ザラザラしている場所が見つかるはずです。

間違ってもかきまわすようにして、乱暴に探すのはやめてくださいね。

 

優しくマッサージするように押し付ける

Gスポットを見つけたら、優しくマッサージするように指を押し付けます。

Gスポットは未開発だと快感を得られないこともあるので、優しく触ってあげるのが大事です。

間違ってもA○を真似して、ガシガシ激しくなんてしないでくださいね!

Gスポットを刺激するコツは、とにかくソフトタッチにすること。

「物足りないかな?」と思うくらいの強さで、円を描くようにマッサージしましょう。

あとは反応を見ながら指を小刻みに動かせば、気持ちよくなってくれます。

指はGスポットに固定したままにして、手首を使って動かすようにすると、的確に刺激を与えられますよ!

女性の快感が高まっているようであれば、指の動きを早めてあげるとイキます。

ただしこの際もガシガシと乱暴にするのはNG!

力を入れて擦ることや、ナカをひっかくようなことはしないでくださいね!

 

アソコで開発するコツ

続いてアソコで開発するコツについて見ていきましょう!

恥骨の裏側に向けて挿入

Gスポットをアソコで開発するときは、まず恥骨の裏側に向けて挿入しましょう。

Gスポットは恥骨の裏側にあるので、そこをめがけて挿入すれば自然とGスポットに当たります。

Gスポットに当たったらすぐには動かさず、場所を確かめながらそのままキープしてくださいね。

アソコでGスポットを見つけるコツは、お腹側を先端でこするように挿入すること。

膣の手前側に当てるイメージで挿入すると、Gスポットがすぐに見つかりますよ。

Gスポットのザラザラ感は、アソコで触っても分かります。

なかなかGスポットが見つからない場合は、ザラザラした箇所を先端で探るようにしてみてください。

 

先端で優しく撫でる

Gスポットの場所を特定したら、先端で優しく撫でるように刺激します。

するとGスポットが徐々に膨らんでくるので、あとは女性の反応を見ながら強さを調整しましょう。

ただしガシガシと乱暴に突くことだけは、絶対にしないでくださいね!

アソコがGスポットに当たると、女性は足がビクッと動くような感覚があります。

自然に声が出る人も多いので、Gスポットに当たったときの反応は分かりやすいですよ!

またGスポットは尿意を感じる場所でもあります。

女性によってはGスポットに当てられると、「おし○こしたくなった…」と言う人も。

しかしこれは正常な反応なので大丈夫です!

「大丈夫だよ」と言ってあげて、そのままGスポット開発を続けてください。

ただしトイレに行っていなくて、単純におし○こが出そうな場合もあります。笑

Gスポット開発をするときは、念の為事前におし○こを済ませておきましょう!

 

淡々と刺激を続ける

Gスポットにちゃんと当てられたら、最後は淡々と一定のリズムで刺激を続けましょう。

こうすることでGスポットへの刺激に慣れ、徐々に快感を得られるようになります。

普通の挿入と同じように考えると、動きに緩急をつけたほうがいいと思うかもしれません。

しかし緩急をつけてしまうと、Gスポットへの刺激に集中できなくなってしまいます。

Gスポット開発をする上では、緩急のある動きは逆効果になってしまうのです!

Gスポットを開発するには、リズムを崩さずに刺激するのが大事。

一定のリズムで刺激するコツですが、短いストロークを意識しましょう。

激しい動きはせずに、クイクイっと腰だけを動かすよう意識すれば、一定のリズムになりますよ!

 

Gスポットを開発しやすい体位とは

男女

ここからは、Gスポットを開発しやすい体位をご紹介します!

立ちバック

立ちバックは、Gスポットを開発するのにおすすめの体位です!

女性がお尻を突き出した状態になるので、Gスポットに当てやすいんですよね。

立ちバックをやるときは、女性の手を壁や台につかせ、体勢が安定するようにしましょう。

あとはお尻を突き出してもらい、後ろから挿入するだけです!

立ちバックでのGスポット攻めは、控えめに言って最高。

腰をガッチリ掴まれた状態でGスポットを的確に捉えられると、声が抑えられません。

鏡の前で立ちバックをされたときは、自分のイキ顔が見えて羞恥心でいっぱいでした…。

Gスポットを的確に攻めることができる男性には、立ちバックはかなりおすすめです!

興奮度が高い体位でもあるので女性の気分も高揚して、イキやすくなりますよ!

 

後背位(バック)

立ちバック同様、後背位(バック)もGスポット開発におすすめですね!

立ちバックよりも男女ともに疲れにくいですし、体位としての難易度も低めです。

もちろんGスポットにも当てやすいですよ。

後背位のやり方ですが、女性に四つん這いになってもらうだけ。

あとは後ろから挿入すれば、後背位の完成です。

後背位の良いところは、男性が腰の動きをコントロールしやすい点にあります。

過去に後背位が上手い男性としたときは、ひたすらGスポットだけを攻めてもらえて最高でした。

先端がGスポットにグリグリと当たって、アソコはびしょ濡れ。

同時にクリ攻めもしてくるものだから、もう悶絶です。

あまりの気持ちよさに、ベッドに突っ伏してしまいました…。

後背位はクリ攻めもしやすいので、女性に大きな快感を与えられます。

Gスポットと同時に攻めてあげれば、女性は病みつきになってしまいますよ!

 

対面座位

対面座位もGスポットを開発しやすい体位ですね!

お互いが向かい合って座った状態になるので、自然とアソコがお腹側に当たります。

Gスポットを見つけるのが苦手な人でも、簡単に刺激することができる体位ですね。

対面座位をするときは、まず男性がベッドに足をつけて座ります。

あとは女性にまたがってもらい、挿入するだけ。

上手く挿入できない場合は正常位から女性の体を起こして、対面座位に移行するのも有りですよ。

実際に対面座位でGスポットを刺激されたときは、いい感じに先端が当たってかなり気持ちよかったですね…!

相手のアソコが大きかったのでなおさら。

Gスポットにグリグリと当てられて、声がたくさん出てしまいました…。

対面座位はGスポットをしっかりと攻められる体位。

体位としての難易度も高くないので、ぜひ試してみてください!

 

ロールスロイス

ロールスロイスは、Gスポット開発に最適な体位です!

かなりGスポットに当たりやすい体位なので、刺激を簡単に与えられます。

ロールスロイスをやるときは、まず女性に膝立ちになってもらいましょう。

その際前に手をついてもらうのを、忘れないようにしてくださいね。

女性の体勢が整ったら後ろから挿入し、女性の肩か腕を手前に引き、胸を反らせれば完成です。

ロールスロイスの何が良いかって、上手い人がやるとひたすらGスポットでイケるんですよね。

Gスポットへの刺激が全身に広がって、快感で頭の中がいっぱいになってしまいます…。

過去ロールスロイスが得意な男性としたときは、ひたすらイカされていました。

あまりに強い快感から逃げたくなっても、腕をガッチリ掴まれているので動けない。

イキ地獄とはこのことか…と、思った覚えがあります。笑

終わったあとは、しばらくぐったりしていましたね…。

Gスポットを開発するには持ってこいの、ロールスロイス。

後背位に飽きてきたら、ぜひ試してみてください!

 

達磨返し

達磨返しもGスポット開発にはおすすめの体位です!

女性の足が閉じている状態なので膣圧が高まり、Gスポットをしっかりと刺激できます。

達磨返しをするときは、女性に仰向けに寝てもらい、両ヒザを胸につけてもらいましょう。

体育座りのような足の形を想像してもらうと、分かりやすいですね。

後はそのまま覆いかぶさり挿入すれば、達磨返しの完成です。

達磨返しは本来女性の両ヒザを縛るもの。

ソフトSMっぽいプレイをしたいときは、縄を使ってみても良いかもしれませんね!

過去に達磨返しで、Gスポット攻めをされたときのこと。

Sっ気の強い彼だったので、足をロープで縛られちゃいました。

足を一切動かせない状態にされ、たっぷりとGスポット攻め。

体を痙攣させて、何度もイッてしまいました…。

Gスポットでイカされまくった後は、奥をガンガン突かれ…最高の一夜でしたね。

達磨返しはサイズにあまり自信がなくても、Gスポットを攻めやすい体位。

膣がきゅっと締まって当たりが良くなるので、ぜひ試してみてください!

 

こたつ隠れ

こたつ隠れもGスポット開発に良い体位ですね。

自然と下から突き上げる形になるので、難しく考えなくてもGスポットに当てることができます!

こたつ隠れをやるときは、まず普通に対面座位で挿入しましょう。

挿入したらお互い上半身を後ろに倒し、手を後ろにつけばこたつ隠れの完成です。

過去こたつ隠れをしたときは、ひたすら興奮が止まりませんでした。

Gスポットをアソコでグリグリと刺激され、こっちはびしょ濡れ。

濡れすぎて俺のテカテカになってる」なんて言われて、ドキドキしてしまいましたね…。

こたつ隠れは、男性からは結合部が丸見えの体位。

状況説明しながらのプレイだと、興奮もさらに高まりますよ!

Gスポット攻めとしてはかなりおすすめの体位です!

 

屈曲位

屈曲位もGスポットを開発しやすい体位です!

女性のアソコが上向きになるので、Gスポット攻めをするには最適なんですよね。

屈曲位をやるときは、まず正常位で挿入しましょう。

そこから女性の足を胸の方へ折り曲げたら、屈曲位になります。

過去に屈曲位が上手い男性としたときは、Gスポット攻めに声が出まくりでした。

足を押さえられ身動きが取れない状態で、ひたすらGスポットへの刺激が続く。

我慢できるはずもなく、連続イキしてしまいました…。

屈曲位って激しくされると痛みを感じやすいのですが、彼はそのあたりも上手。

ちょうどいい強さでトントンと刺激してくるので、脳を支配するのは快楽のみです。

男性のされるがままになり、興奮度も高い屈曲位。

Mっ気の強い女性にGスポット攻めをするときは、ぜひ試してみてください!

 

正常位

定番の体位である正常位も、Gスポット開発におすすめです!

正常位は男性が最も動きやすい体位なので、Gスポットを探しやすいんですよね。

ひとたびGスポットを見つけたら、あとはひたすら攻めてあげることができます!

正常位のやり方は、女性に仰向けに寝てもらい、上から覆いかぶさるように挿入するだけ。

失敗しようがないので、他の体位は難易度が高いという人でも挑戦しやすいですよ!

過去遊んだ男性で、正常位でのGスポット攻めが上手な人がいました。

アソコのサイズは普通だったのですが、とにかくGスポットを外さない。

Gスポットを確実に刺激し、絶頂へと導いていくのです…!

全身をビクビクと震わせながらイッてしまいましたね…。

正常位は定番の体位なので、Gスポット開発にも向いています。

他の体位が難しい人は、正常位でのGスポット開発からしていきましょう!

 

獅子舞

獅子舞もGスポット開発に向いている体位ですね。

対面座位の仲間みたいなものなので、しっかりとアソコをGスポットに当てることができます!

獅子舞をするときは、まず正常位で挿入しましょう。

そこから女性の体を起こし対面座位に移行する際に、女性の足を男性の肩に乗せれば獅子舞の完成です。

過去に獅子舞でGスポット攻めをされたときのこと。

Gスポットをガッチリ捉えられて、終始快感が止まりませんでした…。

先端がGスポットをいい感じに擦ってくれるので、ナカがぎゅーっと締まりっぱなしでしたね。

獅子舞は対面座位よりも、より強い快感が得られる体位。

普通の対面座位に慣れてきたら、ぜひ獅子舞でGスポット開発をしてみてください!

激しい快感に女性が乱れること間違いなしですよ!

 

反り観音

反り観音はGスポットを開発するなら、非常におすすめの体位です!

女性が中イキしやすい体位で、Gスポットを刺激しやすくなっています。

反り観音をするときは、まず普通の騎乗位で挿入しましょう。

挿入が完了したら、女性に手を後ろについてもらい、腰を反ってもらいます。

この体勢になることで、アソコがGスポットにしっかりと当たるんですね。

過去アソコがかなり硬い男性と反り観音をしたときは、思わず潮吹きしてしまいました…。

彼の硬いアソコがGスポットを刺激して、動かすたびに快楽が体中を駆け巡るのです。

反り観音はオ○ニーのときにもよくしますが、それを超える快感でした。

彼の硬さには、しばらくハマっていましたね。笑

反り観音は女性が気持ちいいように動ける体位、Gスポット開発には最適です!

これで中イキできるようになる女性も多いので、ぜひ試してみてください!

 

Gスポット開発がヘタだった男性の特徴

女性

それでは、Gスポット開発が下手だった男性の特徴を教えます!

雑に激しく刺激してくる

雑に激しく刺激してくる男性は、Gスポット開発が下手ですね。

指で激しくガシガシ刺激してくる男性なんて、最悪としか言いようがありません!

A○のようにガシガシされるのって、女性からしたら痛いだけです。

過去遊んだ男性で、指でするのがすごーく下手くそな人がいました。

その下手さ具合がまたひどく…A○そのままのプレイ。

あまり濡れてもいないのに、高速手マ○をしてくるのです…。

あまりの痛さに思わず「痛いんだけど!!」と、叫んでいまいました。

本人は初めて言われたようで、「今まで何も言われなかったんだけどなぁ…」と。

これまで彼としてきた子は我慢していたかと思うと、可哀想になりました。

A○のようにガシガシと激しくされても、女性は気持ちよくなりません!

嫌われるだけなので、絶対にしないでくださいね。

 

アソコが全然当たらない

アソコがGスポットに全然当たらない男性も、Gスポット開発が下手です!

Gスポットは浅い位置にあるので、刺激はそこまで難しくないもの。

それなのに当たりやすい体位をしても、なぜか全く当たらない男性もいるんですよね…。

過去にアソコの使い方が下手な男性としたときのこと。

体位を何度か変えたものの、全くGスポットが刺激されません。

アソコのサイズが小さいわけでもないのに…と、不思議でたまりませんでした。

正常位オンリーでGスポットに当たらないのは、まだ我慢できます。

しかしロールスロイスや屈曲位でも当たらないのは、意味が分かりません!

Gスポット開発においてアソコをしっかりと当てるのは、言わばスタートラインのようなもの。

当てるのが苦手ならゆっくりでも良いので、しっかりと狙いを定めてほしいものです!

 

先端が大きくないと気持ちよくない

Gスポットを開発するのなら、アソコの先端にある程度の大きさが必要になります。

先端が細くて小さいと、イマイチ気持ちよくなれないんですよね…。

Gスポットに当たりはするものの、「物足りないな」と思ってしまいます。

過去にアソコの先端が小さい男性としたときのこと。

わりとテクニックがある人だったので、Gスポットにはしっかり当たっていました。

しかしいかんせんアソコの先端が小さすぎる。

どれだけGスポットを刺激されても、鈍い快感しか来ないのです…。

例えるなら眠れない夜に、やる気なくオ○ニーをしているような感じ。ゆるーい快感しかありませんでした。笑

せっかくテクニックがあっても、アソコが小さいとGスポット開発は難しいのが現実。

アソコが小さい男性は、以下の記事を参考にチントレをしておきましょう!

 

根気よくGスポットを開発しよう

Gスポットは膣の浅い位置にあるので、開発するのはそこまで難しくありません。

場所さえ分かれば簡単に刺激できます。

ただしGスポットは、激しく攻めればいいというものではないので、気をつけてください。

A○のようにガシガシ刺激してしまうと、女性はGスポットを攻められるのが嫌になってしまうのです…。

Gスポット開発をするのなら、焦って激しいプレイに走らないようにしましょう。

根気強く少しずつ刺激を与えて、快感に目覚めさせてあげてくださいね。

Gスポットを開発したいと思った男性は、この記事を参考にして焦らず開発してあげましょう!

女性をGスポットの快感に目覚めさせることができれば、今よりもっとあなたの虜になってしまいますよ!

 

おすすめの記事