【チントレ実践!!】増大ポンプの実力とは!?

初めまして!

LargeRoot編集部のショウタと申します!

今回は増大ポンプを使ったチントレの体験談をお話しいたします。

増大ポンプとは?

まずは増大ポンプの仕組みを解説しつつ使用によるメリットとデメリットを明確にしましょう!

増大ポンプの仕組みと使用方法

増大ポンプ

増大ポンプとは、下半身を構成しているスポンジ状の血管「海綿体」に限界量の血液を流し込むための器具のこと。

仕組みは簡単で、シリンダー内の水圧や空気圧により血液を海綿体に絞り上げます。

理屈的には、海綿体に血液を限界までパンパンに送り込み続けることで血管が拡張しサイズが増大するというわけです。

増大ポンプの使用方法は以下のとおり。

  • 挿入口にローションを塗る
  • 下半身の根本にもローションを塗る(より密閉させるため)
  • 下半身を挿入する
  • 吸引して数分間から10分間待機
  • 解放してから間隔を空けて再度繰り返す(1日に3回〜5回)

これを毎日継続することで、増大が期待できるのです。

また、シリンダーのサイズが合わないと挿入が困難になったり、吸引が上手くいかない場合もあります。

しっかりと自分のアソコとシリンダーのサイズを調整する必要があるので注意しましょう。

増大ポンプのメリット

増大ポンプ

増大ポンプは上記の通り圧力によって血液を吸い上げます。

そのため、非常に強力な血行促進効果が期待できるのです。

また、ポンプは本来EDや下半身が湾曲するペロニー病の改善目的で開発されている器具でもあります。

そのため、立つ力の飛躍的な向上や、真っ直ぐに勃ち上がる鋭い下半身が手に入ります

また、別のチントレ器具であるエクステンダーなどと比較し簡単に使用できるのもメリットの一つと言えるでしょう。

増大ポンプのデメリット

増大ポンプ

デメリットととしては、やはり怪我のリスクが高いことです。

過度に吸引し続けると、血液が限界を超えて流れ込み海綿体の組織が損傷する恐れがあるのです。

内出血が癖になる方もいるので要注意ですね。

増大ポンプ

また、「フグる」という言葉はチントレ、特に増大ポンプを調べていると必ず目にします。

これは魚のフグのように下半身が水膨れしている状態のことで、増大ポンプを使用する多くの方が経験しています。

増大ポンプ

腫れ自体は数日で引きますが繰り返すと皮がデロンデロンに伸びてしまいます。

このような怪我や皮が伸びるといったリスクがデメリットとなるでしょう。

増大ポンプによるチントレ実践レビュー

ここからは、私ショウタが増大ポンプを実践したレビューをしていきます。

ちなみに、私は本気でサイズに悩んでおり、そもそも増大ポンプを使用したのは記事を書くためではなくガチでアソコを増大させるためでした。

まさかこんな記事を書くとは思っていなかったため、正直な話途中で増大ポンプ以外に増大サプリも飲んでいます。

つまり、本レビューは正確には「増大ポンプと増大サプリによるチントレのレビュー」でございます。ご了承くださいませ。

初日:使用感は気持ちいい

増大ポンプ

まずは初めて増大ポンプを使用した感想をレビューします。

ちなみに使ったのは手動式のポンプ

トリガーに指を引っ掛けてキュポキュポするタイプですね。

シリコンの挿入口とアソコの根本にローションをヌリヌリし、いざドッキング!

すかさずキュポキュポとシリンダー内の空気を抜いていきます。

そしてある程度パンパンになったと思ったら、キュポキュポをやめてそのまま10分間放置。

正直、吸い上げられてパンパンになる感覚は気持ち良いですね。笑

ただあまりやりすぎると血管が破れる可能性があるので、一回を10分として1日に3~5回行うことにしました。

1ヶ月目:ほぼ変化なし

増大ポンプ

増大ポンプによるチントレを開始してから1ヶ月、変化はほとんどありませんでした

毎日合計で30分~50分吸引しているのですが、見た目の変化は無いといっても過言ではありません。

使用者の中には1ヶ月で3mm増大した方もいるようなので、もしかしたらわずかに大きくなっているのかもしれません。

増大ポンプ

しかし、目に見えての変化はありませんでした。

2ヶ月後:太くはなったがまだ微妙

増大ポンプ

チントレ開始から2ヶ月が経過したものの、明確な増大は得られていませんでした

強いて言うなら立った時の硬さが少し硬くなりました

さらに、立った時の太さが以前よりもわずかに太くなってきました

毎日パンパンに海綿体に血液を送り込んでいるので、以前より要領が増えた結果でしょう。

シリンダーに挿入するときも少しキツくなったような気がします。(気のせいかもしれませんが笑)

しかし、まだ長さに関しては全く変化はなかったです。

3ヶ月目:下半身がまっすぐになってきた/サプリ開始

増大ポンプ

元々私のアソコはややきつめの左曲がりのカーブを描いていました。

ですがチントレ開始から3ヶ月が経過した頃、以前よりも真っ直ぐに立つようになっていたのです。

ペロニー病を改善する器具だけのことはあるなと感心しました。

しかし、やはりまだ長さの増大は実感できなかったです。

増大サプリに手を出したのはこの段階でした。

なかなか効果が現れす、ポンプ以外にも手を打つ必要があると判断したためです。

ちなみに飲んだのは『テストコアNO3』と言う比較的新しい増大サプリ。

LargeRoot編集部の増大サプリランキングでは1位に選ばれているサプリでございます。

 

最新版オススメ増大サプリランキングはコチラ ▼

テストコアNO3の詳しいレビューはコチラ(私ではなく編集長のレビューです) ▼

4ヶ月目:ようやく確かな増大効果が

増大ポンプ

増大ポンプによるチントレ開始から4ヶ月、テストコアNO3を飲み始めてからは1ヶ月が経過した頃、ある大きな変化が起きていました。

それは性◯の向上です。

これはテストコアNO3の効果だと考えられますが、恐ろしい程のムラ◯ラ感に毎日襲われるようになっていたのです。

さらに、サイズに関してもようやく明確な変化が起き始めました。

立った時の硬さがより硬くガチガチになり、太さは見てわかるほど増大し始めたのです。

いよいよ努力の成果がで始めたかと大変嬉しかったのを覚えております。

6ヶ月目:立った時の長さが明らかに増大

増大ポンプ

チントレ開始から6ヶ月、テストコアNO3を飲み始めてからは3ヶ月が経過する頃、ついに嬉しい変化が起き始めました。

立った時の長さが増大し始めたのです

チントレを始めてからずっと一週間に一度のペースで定規で測っていたのですが、この頃急にメモリが進み始めて大変驚きました。

半ば諦めかけてた矢先の出来事でしたので余計に嬉しかったですね。

さらに硬さや太さはもう一段階増大し、ガチガチビンビンのアソコに進化を遂げていました

9ヶ月目(現在):通常状態も増大

増大ポンプ

チントレを始めてから9ヶ月、テストコアNO3を飲み始めてから6ヶ月が経つと、通常状態の大きさも変化していました

以前よりも一回り以上大きくなり、ピッチリしたズボンを履いた時にもっこり感が出てきたのです。

玉も増大して全体的にドッシリと重さを感じるようになりました

それだけでなく、立った時の大きさは鏡で遠目から見ても分かる程増大しました。

パートナーも増大を実感しているため、私の気のせいでないことは間違いございません。笑

苦労の末に、ようやく理想のアソコを手に入れることができたのです。

サプリとの併用でより強く増大した

以上がチントレのレビューになります。

増大ポンプは確かに強力な血行促進効果があり、増大効果も期待できそうでした。

しかし、私が増大に至ったのはサプリのサポートが大きかったように思います。

増大ポンプに科学的な根拠はあまり無いことが理由です。

イランの大学が37名の男性を対象に6ヶ月間ポンプによる吸引を毎日20分行ったところ、わずか3mmしか伸びなかったそうです[参照]

実際に、私のチントレを振り返ってもサプリを飲み始めてから急に変化が起き始めました

あくまで増大ポンプはチントレの補強目的で使用するのが適切だったのです。

本気で増大を望むならば、増大サプリをベースにしてポンプなどの他のチントレを補強目的で実践することをオススメします。

 

LargeRoot編集部オススメのチントレはコチラ ▼

おすすめの記事