【徹底解説】スパルトT5が効かないのはなぜ?

 

こんにちは!LargeRoot編集部です!

今回は『スパルトT5』の効果を実感できていない方のために、「効かない理由」について徹底的に解説しようと思います。

スパルトT5が効かない方もいる

スパルトT5は「メチャメチャ効く」ことで有名な男性向けサプリ。

血流の改善」と「テストステロン量の増加」によって男性機能の改善や下半身の成長が期待できる有効性の高いサプリです。

ちなみにスパルトT5に期待できる効果はこちらをご覧下さい ▼

しかし、口コミを調査すると中には効果を実感できていない方もいるのです。

例えば行為の前に飲んでも変化がなく、非常にガッカリしている方。

期待を込めて定期便で購入。しかし、早速飲んで行為に及んだのですが全く何の変化も起きませんでした。せっかく楽しみにしていたのに非常に残念です。(口コミ投稿者:41歳)

また、1ヶ月飲んで朝立ち以外の効果を実感できない方などがいました。

スパルトT5を一月飲みましたがほとんど効果がありません。強いていうなら朝立ちをするようになったくらいです。買う前に色々と調べて間違いのない物を購入したつもりだったのですが、スパルトT5は効かないサプリだったのでしょうか?もう少し入念に調べてから購入を決めた方が良かったのでしょうか?(口コミ投稿者:46歳)

スパルトT5はあくまでサプリメント。

そのため効果にはどうしても”個人差”があり、このように効かない方がいるのは必然でございます。

では、なぜ”個人差”があるのでしょうか。

もちろん生まれ持った体質自体の影響で効きにくい方もいます。

しかし、実は効果を阻害するような行動や考え方が原因である場合が非常に多いのです。

スパルトT5が効かない理由7つ

ここからは、スパルトT5が効かない理由を7つご紹介いたしましょう。

効かない理由1.薬と勘違いしている

バイアグラ

スパルトT5などの男性向けサプリは、バイアグラなどの「ED治療薬」とよく間違われます。

実際に冒頭でご紹介した方はED治療薬のような飲み方をしていました。

期待を込めて定期便で購入。しかし、早速飲んで行為に及んだのですが全く何の変化も起きませんでした。せっかく楽しみにしていたのに非常に残念です。(口コミ投稿者:41歳)

ですが、スパルトT5をED治療薬と同じように飲んでも本来の効果は全く実感できません

なぜなら、ED治療薬が”医薬品”であるのに対して、スパルトT5は”健康食品”と全く異なる物だからです。

医薬品と健康食品の大きな違いは摂取する目的です。

ED治療薬は強力な成分で血液を海綿体に送り込む作用によって飲んですぐ◯起させることが目的。

一方で健康食品であるスパルトT5は毎日の継続した摂取で◯起しやすい体質に改善する目的があるんです。

つまり、健康食品は飲んですぐに効果が出るのではなく、毎日継続して飲むことで効果が表れるわけです。

この事実を知らずに薬と同じ感覚でサプリを飲めば、当然効かないのです。

効かない理由2.飲む期間を勘違いしている

カレンダー

飲む期間の目安を間違えている場合でも、スパルトT5が効かない自体に発展してしまいます。

冒頭で紹介した方はまさに飲む期間の目安を間違えていることが理由で効果を実感できていない例でした。

スパルトT5を一月飲みましたがほとんど効果がありません。強いていうなら朝立ちをするようになったくらいです。買う前に色々と調べて間違いのない物を購入したつもりだったのですが、スパルトT5は効かないサプリだったのでしょうか?もう少し入念に調べてから購入を決めた方が良かったのでしょうか?(口コミ投稿者:46歳)

たった1ヶ月では流石のスパルトT5でも効果を発揮するのは難易度が高いです。

では、どの程度の期間継続すれば良いのでしょうか。

正解は、最低3ヶ月以上

スパルトT5に限らずサプリメントは最低3ヶ月以上の継続が必要だと考えられています。

これは体内のサイクルが3ヶ月で発生するためでございます。

特にスパルトT5で増大効果を実感したい場合では半年以上の継続がオススメですね。

利用者の口コミからも、最も増大を実感している方は半年以上継続して飲んでいる場合が多かったからです。

スパルトT5の口コミまとめ ▼

スパルトT5は3ヶ月〜半年以上の継続を目安に飲むようにしましょう。

効かない理由3.飲むタイミングを間違えている

時計

どれだけ飲み続けてもスパルトT5が効かない場合、飲むタイミングが適切でない可能性があります。

基本的にいつ飲んでも問題はない健康食品ですが、効果を発揮する上で適切なタイミングはあるのです。

スパルトT5の場合では、食事の時間からずらしたお腹が空いているタイミングがベスト

食後や食前に飲むと食べ物の栄養吸収が優先されて、スパルトT5の栄養吸収率が低下する可能性が高いからです。

「サプリって食後に飲む物じゃないの?」と思う方も多いでしょう。

確かに油に溶けやすい脂溶性のビタミンサプリの場合では、食後に飲むことでむしろ吸収効率を向上させます。

しかし、スパルトT5の主成分は脂溶性ではないためむしろ吸収を阻害してしまうのです。

食事から2時間前後の感覚を開けたタイミングがベストですね。

効かない理由4.食生活が偏っている

偏った食生活

偏った食生活もスパルトT5の効果を阻害する可能性が高いです。

食生活が偏ると、著しく健康レベルを低下させるためです。

特に問題となるのは、「血流の悪化」と男性ホルモンの「テストステロン量の減少」。

脂質や糖質ばかり摂取していると、血流を悪化させる肥満や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病のリスクを高めます。

また、生活習慣病ではテストステロンの分泌量も減少しています。

これらは男性機能を衰えさせ、下半身の成長を妨げる大きな要因となるのです。

つまり、「血流の改善」と「テストステロン量の増加」によって男性機能の改善と下半身の増大が期待できるスパルトT5の効果を打ち消してしまうのです。

効かない理由5.運動不足が続いている

運動不足

運動不足もスパルトT5の効果を阻害する可能性が高いです。

運動が不足しても血流は悪化し、テストステロンの量は減少してしまうのです。

まず血流についてですが、運動しなくなると血管の運動性が失われ伸縮性が低下します。

さらに運動不足は心肺機能も低下させるため、血流が悪くなってしまうのです。

また、テストステロンは筋肉を作る上で欠かせないホルモンでもあるため、運動をすることで分泌されます。

逆に言えば運動しなくなることで分泌量は低下してしまうのです。

スパルトT5が効かない方で、運動不足の心当たりがある方は、軽いランニングなどの心肺機能を高める運動や、スクワットなどの大きな筋肉を鍛えるトレーニングを行いましょう。

ランニングをすることで血行が促進、スクワットによってテストステロン量の増加がそれぞれ期待できますよ。

効かない理由6.睡眠不足が続いている

睡眠不足

睡眠が足りていないとスパルトT5が効かなくなる可能性が極めて高いです。

睡眠が不足している状況ではストレスが蓄積されていきます。

このストレスこそが血流を悪化させテストステロン量を減少させる大きな原因となるのです。

ストレスによってコルチゾールが分泌されるとテストステロン量を減少させます。

実際に睡眠不足が1週間続くとテストステロン量が最大で15%減少したデータもございます。

また、糖代謝物質であるインスリンの働きを25%低下させた結果もあるため、血糖値を上昇させ血流を悪化させてしまうのです。

さらに、ストレスを感じている時、自律神経の中でも交感神経が優位に働き緊張状態となります。

緊張状態となると血圧が一気に高くなり血管に負担をかけてしまうのです。

このように、睡眠不足は血流を悪くし、テストステロンを減らすことでスパルトT5の効果を阻害するのです。

効かない原因を改善してスパルトT5の効果を実感しよう

さて、スパルトT5が効かない原因についてご理解いただけたでしょうか?

効果を実感できていない方では、飲み方や生活習慣に問題がある場合が非常に多いのです。

まずは正しい飲み方でスパルトT5の栄養吸率を最大まで高める。

そして健康的な生活習慣を送ることで、体が効果を実感しやすい状態に整える必要があるのです。

すでに長期間継続しているのに効果を実感できていない方では、特にこのような改善点が多く見つかるでしょう。

スパルトT5の効果を体感するために、ぜひ心がけてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事