【ヤリマン告発】正常位がヘタすぎる男性の特徴10選

 

こんにちは!たけまるです!

今回は、私が今まで出会った「正常位がヘタすぎる男性」の特徴についてお話します。

正常位は最もスタンダードな体位。

正常位さえ極めておけば、どんな女の子もあなたに夢中になるんです!

男性の皆さんは絶対読んで下さいね!

正常位ってどんな体位?

sex

正常位とは最もスタンダードな体位のことです。

プレイ中に必ずする体位と言っても、過言ではありません。

正常位の体勢は、仰向けになり足を広げた女性の上に、男性が覆いかぶさる形となります。

2人が正面に向かい合って行う体位なので、密着感が強いのも特徴です!

正常位の良いところは、男女ともに無理のない体勢という点。

なおかつ簡単にできるので、経験の浅い人でも挑戦しやすい体位となっています。

そんな正常位ですが、実は女性に大人気の体位なのです!

実際に私の友達には、正常位が一番好きなは多いです。

なぜそんなに正常位が人気なのか、詳しく解説していきましょう。

 

女性はなんで正常位が好きなの?

ここからは、女の子が正常位を好きな理由を教えちゃいます!

男性の顔を正面から見れるから好き

sex

女性が正常位を好むのは、男性の顔を正面から見られるからです。

好きな男性の感じている表情を見るのは、女性にとって最高の喜び。

正常位でイキそうになっているときの、なんとも言えない表情はたまりません…!

昔付き合っていた彼は、見つめ合うとすぐにイキそうになる人でした。

正常位で目を見つめると、余裕の無い表情で首を横に振るのです。

普段の彼には無い可愛いギャップ。

これを堪能できるのが、正常位の醍醐味です!

正常位の良さは顔が見られるだけでなく、キスしやすいという点にもあります。

女性にとってプレイ中のキスは嬉しいもの。

キスしたまま奥を突かれると、それだけでイキそうになることもあります…!

好きな男性の顔がしっかり見られて、キスもたくさんできる正常位。

プレイにおいて愛情を重視する女性にとっては、最高の体位なのです!

 

負担が少ないから好き

sex

女性が正常位を好む理由の一つに、最も負担がかからない体位だからというのもあります。

正常位をするときの女性は、言うなれば寝転がっているだけ。

疲れているときでもできるので、女性からしたら非常に有難い体位なのです!

正常位は膝や肘をつっぱらないといけない体位に比べ、疲労や痛みが少ないのも特徴。

挿入時間が長くなっても、他の体位よりも圧倒的に疲れにくいのです!

正直なところ正常位が好きな男性を相手にするほうが、プレイに対して前向きになれます。

女性からすると体が疲れる体位は、あまり頻繁にしたくないですからね…。

正常位好きの男性と、アクロバティックな体位ばかりする男性。

どちらをリピートしたいかと言われたら、圧倒的に正常位好きの男性です!

 

イキやすいから好き

オーガズム

正常位が女性に大人気なのは、精神面や体の楽さだけではありません。

単純にイキやすい体位だというのも大きな理由です!

正常位は女性への負担が少ない分、リラックスして快感に浸れます。

疲れる・足がつるといった余計なことは、一切考える必要がありません。

また正常位で男性が上手く突いてくれると、Gスポットにもよく当たります。

ちゃんとGスポットを分かっている男性とすれば、簡単に中イキできる体位。

だからこそ多くの女性が、正常位を支持しているのです!

正常位は見た目の派手さが無いため、つまらないと思う男性もいるかもしれません。

しかし女性は派手さよりも、心身ともに満足することを求めています。

好きな男性の顔が見られて体力的にも楽で、なおかつ中イキまで叶う。

これだけ揃っている正常位は、女性にとって無敵の体位なのです!

 

正常位がヘタだった男性の特徴

では、ここからは私が今まで出会った正常位がヘタな男性との経験をお話しします。

正常位で女性を満足させるコツも教えますね!

すぐ挿れてくる

sex

言うまでもありませんが、前戯もろくにせず挿れてくる男性は下手です。

すぐに挿れられると痛いだけですし、「ガサツな男」と思ってしまいます。

過去に交わった男性で最悪だったのが、服を脱がせて少し胸を触ったら即挿入してきた人。

もちろんこちらのアソコは砂漠状態。

そんなのお構いなしに無理やりねじ込んでくる姿には、滑稽ささえ感じました。

これで45歳というのだから、今までのプレイの浅さがうかがえます。

演技さえ忘れて無表情で、必死に腰を振るおじさんを眺めていました…。

こんなことにならないよう、正常位をするときはしっかりと濡らしてから挿れましょう!

濡らすコツは、男性のアソコを女性のアソコに優しくこすりつけること。

焦らすような動きをされると、女性は「早く挿れて!」とウズウズし、自然と濡れます。

十分濡れたら、後はゆっくりと挿入するだけ。

痛いだけなので、間違っても勢いよく奥まで突っ込まないでくださいね。

最初はゆっくりを心がけましょう!

 

すぐ動いてくる

sex

挿れてからすぐに動くのも、正常位が下手な男性あるあるです。

なぜなら女性は挿入されてすぐ動かれると、痛いだけだから。

過去にプレイした男性で、挿入したら間髪入れずに動く人がいました。

またそれが遠慮なしの動きで、終始鈍い痛みが走っていたのを覚えています…。

さすがに途中で嫌になってしまい、「ちょっと休もう」と言ったのですが。

相手は「もうちょっと待って」と言って腰を振り続け、ほどなくフィニッシュ。

抱きしめられながら、「こいつとは二度と会わない」と心に誓いました。

女性が痛がっているのにも気づかずに腰を振り続けるのは、男として論外です!

そうならないコツは、根元までゆっくりと挿れたら、すぐには動かないこと。

10秒ほどそのままじっとキープして、女性のナカに男性のアソコをなじませましょう。

たった10秒待つだけでナカのフィット感が良くなり、気持ちよさも増します。

意外とこれを知らない男性も多いので、覚えたら女性に喜ばれること間違いなしですよ!

 

出し入れが激しい

sex

思いっきりガシガシ出し入れしてくるのも、正常位が下手な男性の代表格です。

もちろんフィニッシュの直前なら、激しい出し入れは有り。

しかし基本的には、一回一回のピストンの幅が大きいと、女性は気持ち良くありません!

過去に経験人数500人超えの遊び人と、一夜を共にしたときのこと。

サイズもテクニックも自信ありと言っていたので、期待していたのですが…。

いざ蓋を開けてみればAVの見すぎとしか思えない、野生動物のような激しい出し入れ。

次の日私のアソコには、擦り切れるような痛みが走っていました…。

もちろん彼のLINEは即ブロック!

勘違い男との最低な思い出でした。

こうならないようにするコツは、お互いの恥骨を接触させたまま動くこと。

腰の動きは大きくしすぎず、数センチの幅で優しく小刻みに動いてくださいね。

【恥骨の画像】

小刻みに動くことで、Gスポットにも当たりやすくなります。

女性を中イキさせたい人は、小刻みな動きを意識してみましょう!

 

動きが単調

sex 下手

終始単調な動きのままフィニッシュに至る男性も、正常位が下手です。

変化の無い動きをいくら続けられても、女性は気持ちよくありません!

過去に動きが単調な男性とプレイしたことがありますが、本当に退屈でした。

ずっと一定のリズムで腰を動かしてくるので、快感もいつの間にか皆無に。

「VRのAVってこんな感じなのかな」とぼんやり考えながら、彼のフィニッシュを待ちました。

しかも事もあろうにこの男性、去り際に一言「あまり感じないんだね」と。

「お前が下手なんだよ!VR野郎!!」と叫んでやりたくなった出来事でした。

このようなことを防ぐコツとしては、単調なピストンだけでなく、ナカをかき回すなどの動きを加えること!

円を描くようなイメージで動かすと、単調な抜き挿しとは違う刺激を与えられます。

女性のナカにアソコをぐりぐりと押し付ける感じで、やってみてくださいね。

 

Gスポットを見事に避ける

sex 下手

最高に気持ちいい場所であるGスポットを外す男性も、正常位が下手です。

複雑な体位ならまだしも、正常位は簡単にGスポットを刺激できる体位。

これを外すのは下手としか言いようがありません!

過去交わった男性で、全くGスポットに当ててこない人がいました。

そのくせ本人は、「ここ気持ちいいでしょ?」と言ってくる始末…。

おそらく彼はGスポットを間違えて覚えているのでしょう。

しかしさすがに、こちらの反応を見て察してほしかったですね。

Gスポットを突かれて、能面のような表情をする女はいません!

こんなことにならないよう、正常位ではきちんとGスポットを刺激しましょう。

コツとしては、下側からトントンと優しく突くこと。

こうするとあまり知識が無くても、簡単にGスポットを刺激できますよ!

 

腰を持ってくる

sex

正常位のときに女性の腰を両手で持って動くのも、下手な男性の特徴です。

腰を持ったところで安定しませんし、気持ちよさがアップするわけでもありません!

そればかりか男性も動きづらくなってしまい、繊細な動きができなくなります。

その結果体がゆさゆさ揺れて、快感に集中できなくなるというわけです。

腰を持ってくる男性と交わったこともありますが、ぎこちないプレイという印象でした。

良い位置に当たらないのでイマイチ気持ち良くないし、頭が揺れて気分が悪くなったのを覚えています…。

「早くイッてくれないかな…」という気持ちでいっぱいでしたね。

そうならないためのコツは、腰ではなく女性の肩や膝を持つこと!

肩や膝を持てば体勢が安定して、しっかりと気持ちいいところを狙えます。

肩を持つと密着感もアップするので、ラブラブなプレイをしたいときにもおすすめですよ。

 

愛撫がヘタくそ

sex 愛撫

経験上愛撫が下手な男性は、正常位も下手です!

愛撫が下手というと、雑なイメージを持つ人が多いかもしれません。

しかし私が過去に交わった男性は逆で、非常に丁寧なタイプでした。

むしろ丁寧すぎるくらい。そーっと触ってくる感じで、全く気持ちよくありません。

恐る恐る感が前面に出ており、気持ちいいどころか気まずくなりました…。

もちろん正常位も最悪。

「童貞なのでは?」と本気で疑いたくなるほどでした。

さすがに呆れて、「もう帰ろう」と言ってしまいましたね…。

食い下がってきたので、「何一つ満足にできないじゃん」と吐き捨てて服を着ました。

こんなことにならないためにも、愛撫をする際はちゃんと女性の反応を見ましょう!

反応が悪いのは気持ち良くないということ。

恐る恐る触るような下手な愛撫なら、しないほうがマシです!

 

ずっと話しかけてくる

sex

プレイ中にずっと喋ってくる男性との正常位も、気持ちよくなれません。

たまになら良いですが、ずっと話しかけられると萎えてしまいます。

過去にやたら話しかけてくる男性がいましたが、本当にムードの欠片もありませんでした。

「ここは気持ちいい?」「痛くない?」「どこが好き?」などなど…。

しつこすぎるくらいの声掛けに、次第にイライラしてきました。

彼からすると、プレイの一環のつもりだったのかもしれません。

しかしこちらの気持ちは、「うっせぇわ!」でした。

答えるのも面倒になり最後は無言。

「え?どうしたの?大丈夫?」と最後までうるさい彼。THE空気読めない君でした。

こんなことにならないためにも、プレイ中は口数を減らしましょう!

プレイ中に口数が多いとバカっぽく見えますし、魅力も半減してしまいます。

良い男は多くを語らないものなのです!

 

のしかかってくる

sex

正常位でのしかかるように抱きつく男性は、言うまでもなく下手です。

のしかかられると圧迫されて苦しいので、快感に集中できなくなってしまいます…。

私が過去出会った男性に、まさにのしかかりタイプの人がいました。

彼は正常位でぎゅーっと抱きしめてきたのですが、これが地獄の始まり。

彼の全体重が私にかかってきました…。

このときはかなり飲んでいたので、思わずリバースしそうになったほど。

ここだけの話「うぉえ…」という声も軽く漏れました。

それにも気づかずのしかかり状態で腰を振り続けるのだから、無知とは怖いものです…。

「このままこいつの顔にリバースしてやろうか」と、思ったほどでした。

こんな失敗をしないよう、正常位で密着するときは体重をかけないよう心がけましょう!

ふわっと抱きつく感じにすれば、女性に負担がかかりませんよ。

 

サイズが小さい

短小

元も子もない話ですが、アソコの大きさが足りないと、そもそも気持ちよくありません…。

なぜならサイズが小さいと圧迫感が足りないし、気持ちいい場所にも当たらないから。

過去にサイズの小さい男性としたときは、本当に何一つ気持ちよくありませんでした。

「私のナカってブラックホールだった?」と、思ってしまったくらい。

彼のアソコは私のナカで完全に無力化されたのです…。

圧迫感が弱いので、もちろん彼もフィニッシュまでに時間がかかります。

「これって何のための時間?」と思ってしまう、気持ちよくない出し入れがただ続きました…。

正直付き合いたいくらいタイプの男性でしたが、この一件で完全に冷めましたね。

「アソコの小ささは恋心まで冷めさせるのか…」という、なんとも悲しい体験でした。

しかしアソコのサイズは、改善することが可能です!

自分のサイズに自信のない男性は、以下の記事を参考にチントレしてみましょう。

 

正常位を極めるだけでモテる

正常位はプレイにおいて基本中の基本。

男女ともに気持ちよくなりやすい上に疲れにくい、最強の体位です!

他の体位が下手でも正常位さえ極めておけば、なんとかなります。

私自身も正常位が上手いというだけで、長期のお付き合いになった男性もいました。

男性の正常位の上手さは、長く付き合う上で重要なポイントとなるのです!

ハッキリ言って正常位が嫌いな女性はまずいません。

モテたい男性は正常位を極めて、女性を魅了しましょう!

正常位で女性を骨抜きにすれば、「こんなに気持ちいいの初めて」と言われるようになりますよ。

 

おすすめの記事